かに座(蟹座)の基本的な性格は?

かに座

かに座の基本的な性格は?

かに座の人は「優しい」と言われることが多いのではないでしょうか。かに座の人は自分の主張を押し通したりすることはせずに、相手の意見を受け止めることが得意です。それが「優しい」と思われる理由です。

逆に自分が主張や発言をする場面は苦手で、あまり目立ちたくないと考えているでしょう。
また、かに座の人はグループや組織においてに「愛されている」人間です。自分より相手を優先することが多く、まずは「相手」の要求に応えようとします。相手へ気遣いも出来ます。それが、かに座の人が周囲から愛される理由なのです。
かに座の人は自己主張をしない分、自分の中に人には踏み入れられたくないテリトリーを持っています。主張を押し通さず、聞き上手なので、他人の深い話は知っていたりしますが、自分の深い部分は内面に秘めています。
かに座の人は家庭を大事にします。かに座の人にとって家庭は一番安心できる場所でなければなりません。家族には深い愛情を持って接することが出来ます。

かに座の恋愛

かに座の人は自分のテリトリーを大事にすることから、パートナーに対して安心感や信頼感を求めます。また、相手に対して献身的で、自分よりパートナーを優先するでしょう。普段から「愛されている」かに座の人は、恋愛にも「愛されている」ことを求めています。そのため、相手の浮気を許すことは出来ません。また、依存心が強く、嫉妬深いのも特徴です。
かに座の人は普段から「愛されている」ため、モテるのではないでしょうか。また普段から自分の主張を押し通すことをしないため、恋愛でも自分からアプローチすることは苦手で、受動的な恋愛になりがちです。押しに弱いのも特徴で、相手を優先するあまり断れないこともあります。

かに座の人と付き合うには

かに座の人は安心感や信頼感を求めているので、「自分といれば安心できる」事をアピールしましょう。また浮気などを嫌いますので「一途である」ことをアピールできるといいでしょう。
かに座の人は自分からアプローチを仕掛けることは苦手なので、こちらからアタックするしかありません。待っていても相手から来る確率は低いでしょう。
かに座の人と話していると、自分を受け入れてくれて、話も聞いてくれるので「自分のことを好きなのでは?」と勘違いしてしまうことがあります。しかしかに座の人は誰にでも優しいので、自分のことが好きとは限りません。押しに弱いからといって、しつこくつきまとうと嫌われるだけなので注意が必要です。

かに座の結婚

結婚後は家庭が自分のテリトリーとなり、安心感のある場所を求め、安心感のあるを家庭作ろうとします。かに座の人にとって、家庭は一番大切な場所です。自分のことよりも家族を優先するでしょう。
家庭・家族へ依存度が高いので、パートナーや子供に対して干渉しすぎなところもあります。しかしこれは、別の見方をすれば家族に深い愛情を注ぐことが出来るということなので悪いことではありません。ただし、依存しすぎには注意しましょう。
かに座の人をパートナーを持つ人は、パートナーにとって一番大切な場所が家庭であることを理解してあげて、安心感のある場所であり続けるためにどうしたら良いかを考えましょう。

かに座の仕事

かに座の人は、仕事や職場でも「相手」の要求に応えようとします。「相手」は時と場合によって変化します。お客様、上司、部下… かに座の人は、要求に応えようと努力しますので、その「要求」が重要となります。
また、かに座の人は「聞き上手」でもあります。これは「自分より相手を優先すること」につながりますが、かに座の人は自分の意見を押し通そうとするより、相手の意見を受け止めようとするのです。ですので、聞き手が重要となる仕事やポジションに向いています。接待などにも持って来いです。逆に自分の意見を押し通さなければならない仕事や、ポジションはつらいのではないでしょうか。ただし、リーダーなどに向いていないわけではありません。上から自分の意見を言うようなことは向かないかもしれませんが、相手を受け止め、相手に合わせながら支持を与えるタイプのリーダーの形もあります。
具体的な職種として、聞き上手ですので、販売・営業などの仕事、また自分より相手を優先することから、医療関係の仕事も向いているのではないでしょうか。ただ、「相手」の要求に応えることはどの仕事でも必要とされるので、職種に縛られることなくどこでも必要とされるでしょう。
また、かに座の人は環境や相手を受け入れようとするため、どのような環境にも溶け込むことができるタイプです。自己主張をすることがあまりなく、変なプライドもないので、人と争うこともあまり無いでしょう。

かに座の人を活かすには

自分が何を要求しているかを明確にする。→かに座の人は要求に応えることにやりがいを感じます。自分が何を要求しているかを明確にしましょう。また、要求に答えてくれた時には感謝の気持ちを伝えましょう。
聞き役などの仕事を充てる。→かに座の人は人前で目立つような仕事より、人の相談にのるような「聞き役」の仕事が向いていると言えます。